matplotlibのヒストグラム用パラメータ抜粋

More than 1 year has passed since last update.

ドキュメント読んでもなかなかわからないので、メモ

matplotlib.pyplot.hist(x, bins=10, range=None, normed=False, weights=None, cumulative=False, bottom=None, histtype='bar', align='mid', orientation='vertical', rwidth=None, log=False, color=None, label=None, stacked=False, hold=None, data=None, **kwargs)

よく使うパラメータの紹介

パラメータ名 内容
bins X軸の分割数(ブロック分けの数) int
range X軸のデータ表示範囲 int
normed 縮尺(1で最大値1の出現確率に、0でデータ数) boolean
histtype barは通常、barstackedは積み上げ、stepは外枠だけの階段状、stepfilledは階段を塗りつぶし str
color 色(blue,green,red,cyan,magenta,yellow,black,whiteが使える) str
alpha 透過率 float
label データラベル str

もちろん最後はドキュメントを参照
http://matplotlib.org/api/pyplot_api.html#matplotlib.pyplot.hist

カテゴリ:Default 時間:2015-12-24 人気:0
この記事では、 Python matplotlib

関連記事

Copyright (C) socapnw.com, All Rights Reserved.

Socapnw All Rights Reserved.

processed in 16.505 (s). 9 q(s)