fuel-qrcodeを使ってQRコードを生成する

More than 1 year has passed since last update.

久々にQRコードを作る用事が出たので、FuelPHPでどう簡単に作ろうかと探した結果、
https://github.com/steadweb/fuel-qrcode
こういうのがあった。

GitHubのページではソースコードでの書き方は書いてあるけど、どこに配置すればいいのか良く分からなかったので、自分用にメモ。

FuelPHPに配備する

steadweb/fuel-qrcodeからダウンロードしてきたZIPの中身は

├ bootstrap.php
├ README.md
└ classes
 ├ qrlib.php
 └ (etc...)

という感じになっているので、bootstrap.php があることから fuel/packages/ 配下に qrcode というディレクトリを作って、そこに展開。

└ fuel
 └ packages
  ├ bootstrap.php
  ├ README.md
  └ classes
   ├ qrlib.php
   └ (etc...)

こんな感じに配置される。

あとは、README.md に記載されている感じで

// load the package
\Package::load("qrcode");

echo \QRCode::png('http://qiita.com/');

としちゃえば、使える。

もしくは、 fuel/app/config/config.php で

return array(
    'always_load' => array(
        'packages' => array(
            'qrcode'
        ),
    ),
);

とすれば常に読み込んでくれそうだけど、いつも使うわけじゃないので都度 Pakage::load でいいかなと。

ライブラリを見てて

ちなみに、今回使った steadweb/fuel-qrcode は、実際には bootstrap.php でFuelPHP向けにラップしているくらいで、呼び出している QRCode クラスは
https://github.com/t0k4rt/phpqrcode
ここで配布されているものでした。

さらにこの t0k4rt/phpqrcode 自体は
https://github.com/fukuchi/libqrencode
http://fukuchi.org/works/qrencode/
この方のライブラリを移植したものになるみたい。

ありがたや(-人-)

お決まりの

QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
(↑書いてみたかっただけ)

カテゴリ:Default 時間:2015-09-29 人気:0
この記事では、 FuelPHP QRcode

関連記事

Copyright (C) socapnw.com, All Rights Reserved.

Socapnw All Rights Reserved.

processed in 0.628 (s). 9 q(s)