AndroidレイアウトFrameLayout

FrameLayoutを使用して領域を開くと、この領域に複数のサブコントロールを追加できますが、すべてのサブコントロールは画面の左上隅に揃えられます。 FrameLayoutのサイズは、追加する子コントロールのうち最大のものによって制御されます。 子コントロールが同じサイズの場合、上部の子コントロールのみが同時に表示され、他のコントロールは見えなくなります(タブのデザイン時にフレームレイアウトが使用されます)。 FrameLayoutでは、子コントロールがスタックに描画されるので、後で追加される子コントロールが上に描画されます。

サンプルコードは次のとおりです。

<?xml version = "1.0" encoding = "utf-8"?>
<FrameLayout xmlns:android = "http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:layout_width = "fill_parent"
android:layout_height = "fill_parent"
>
<TextView android:id = "@ + id / text1"
android:layout_width = "wrap_content"
android:layout_height = "wrap_content"
android:text = "短いテキスト" />
<TextView android:id = "@ + id / text2"
android:layout_width = "wrap_content"
android:layout_height = "wrap_content"
android:textColor = "#0000FF"
android:textSize = "40px"
android:text = "これは長いテキスト、長いテキストです" />
</ FrameLayout>

結果は次のとおりです。

AndroidレイアウトFrameLayout

FrameLayout継承されたViewGroupクラスは、親クラスのプロパティとメソッドを継承するだけでなく、独自の独自のプロパティとメソッドも含みます。

android:foreground(setForeground(Drawable))すべての子コントロールの上に描画されるコンテンツを設定します

android:foregroundGravity(setForegroundGravity(int))すべての子コントロールに描画されるコンテンツの重力プロパティを設定します

カテゴリ:モバイル開発 時間:2011-09-17 人気:156
この記事では、 アンドロイド、framelayout

関連記事

Copyright (C) socapnw.com, All Rights Reserved.

Socapnw All Rights Reserved.

processed in 0.838 (s). 9 q(s)