Windows 8.1 Tips 集 - 古いプログラムを動作させる

テクニカル レベル : 基本

概要

プログラムが Windows 8.1 に対応していないが、どうしても使いたい場合、

以下の方法で動作させられる場合があります。

その他の Tips はこちら → Windows 8.1 Tips 集 - 目次

詳細

例えば Windows 7 や Windows XP で使っていたデスクトップ アプリを Windows 8.1 でも使いたいが、

プログラムが Windows 8.1 に対応していない、

という場合に、以下の方法で (無理矢理) 動作させられる可能性があります。

ただし、プログラムは起動するようになるが、一部の機能が動作しない、表示がおかしい、など限界がある場合があります。

基本的にはプログラムが Windows 8.1 に対応している必要がある、ということを念頭に本 Tips を試してみてください。

【重要】

セキュリティ対策プログラム、バックアップ ソフト、ディスク 管理ツール類、Windows 付属のシステム プログラムに対して、この Tips の方法を実行しないでください。

データの損失やセキュリティ上のリスクの原因となる場合があります。

方法 1 : トラブルシューティング ツールを使う

  1. 実行したいデスクトップ アプリを右クリック > 互換性のトラブルシューティング をクリックします。

    スタート画面やアプリ ビューからデスクトップ アプリを起動している場合は、
    アプリのタイルを右クリック > ファイルの場所を開く > ファイルを右クリック > 互換性のトラブルシューティング をクリックします。

  2. 画面の指示に従って進めます。

方法 2 : 手動で互換性を設定する

  1. 実行したいデスクトップ アプリを右クリック > プロパティ をクリックします。
    スタート画面やアプリ ビューから起動している場合は、方法 1 と同様の方法で、最後にプロパティをクリックします。
  2. 互換性タブをクリック > 互換モードでこのプログラムを実行する チェックボックスをオンにします。
    プルダウン メニューからこのプログラムが動作していた Windows のバージョンを選び、OK をクリックします。
  3. プログラムを起動し、プログラムが動作するか確認します。
  4. プログラムがうまく動作しない場合、もう一度手順 1 を実行 しプロパティを開きます。
    設定の項目を 1 つ以上選択し、OK をクリックします。
  5. プログラムを起動し、プログラムが動作するか確認します。
    プログラムがうまく動作しない場合、手順 4、5 を繰り返します。
カテゴリ:Windows 時間:2014-05-06 人気:19

関連記事

Copyright (C) socapnw.com, All Rights Reserved.

Socapnw All Rights Reserved.

processed in 0.247 (s). 11 q(s)